ひょっとしたら天才かも

Posted By on 2014年4月10日

成長期と消費税増税が重なって、
安くてお腹いっぱいにをモットーに昨日ニラ、玉ねぎ、豚肉を使ってチヂミ風に作りました。

豚肉少なめなのに、水に溶かした小麦粉でかさ増し野菜もいっぱいにして。
基本粉ものはお腹いっばいになります。

子供たちに好評だったので、今日もチヂミ風第二弾、今日はしらすと玉ねぎです。
これまた最高。
しらすの塩っ気が絶妙で、
子供にはもっと焼いてと言われましたが、こちらも食べたいので一時休止で食べました。
昨日よりカリッと焼きたかったのですが、
上手くいかず、しかしカリッとしてなくてもおいしく出来ました。

一枚はニンニクと一緒に焼いてニンニク味に。
料理はあまり得意ではありませんが、
自分の秘めた才能に気付いた日になりました。

友達と一緒に夕ご飯を食べた日

Posted By on 2014年3月31日

同級生の俊太君と一緒に夕ご飯を食べました。
俊太君のママと弟も一緒に来ました。

俊太君と娘は一年生の時からの仲良しです。
集団登下校で仲良くなり、クラスもずっと同じなのです。
学校での話を聞くと、全く話をしないとうのが大人からみると面白いです。

今日は初めて我が家で一緒に夕ご飯を食べることになりました。
俊太君のママはお仕事をしているので、仕事帰りに弟を保育園に迎えに行ってからきました。
俊太君は学校から娘と一緒に下校して、家で宿題を一緒にしてママの帰りを待ちました。

国語の漢字の書き取り、算数のひっさんを30問。
算数の丸つけを二人分済ませて、夕飯の支度を開始です。

二人は宿題を済ませると、何をして遊ぼうかと相談。
DSでゲームをしてからポケモンのカードゲーム、オセロ、ジェンカ・・・
我が家にある数少ないゲームを遊びつくしていました。

お腹が空いた頃、俊太君のママが帰宅し、夕飯を一緒に食べました。
簡単に大皿を3つ。
魚と鶏肉の揚げ物に中華風の餡かけとスパゲッティのサラダにご飯。
綺麗に食べてくれました。

あっという間に時間は過ぎて、8時30分を回ってしまいました。
また明日ね!元気に帰っていきました。

息子はと言うと、遊び疲れてお風呂から出るとすぐに熟睡。
気持ちのいい寝息が聞こえてきました。

甘えと眠気でグズグズ、お兄ちゃん

Posted By on 2014年3月25日

今日の晩ご飯のメニューは、いわしの蒲焼きとカレースープ。
いわしはスーパーで、すでに三枚おろしになっているものを買ってきたので、
骨もなくて子ども達も食べられるだろうと確かめて調理したのですが、
間もなく食べ終わる頃に、息子が魚の骨が喉に刺さったみたいだと言い出しました。

いわしの骨だし、大したことはないだろうと、ご飯を飲み込ませたり、水を飲ませたりしたのですが、
「飲み込むと喉が痛い」と訴え、涙を流して泣き出したのです。
あんまり暴れるので、流石に心配になり、「お医者さんに行く?」と聞くと「行かない」と言うので、
これは眠くて甘えているだけだと確信し、寝せることに。

抱っこして、布団に寝せると間もなくして熟睡。
そのまま朝まで眠り、起きた時には、魚の骨が刺さったことなどすっかり忘れた息子でした。

たまに、甘えたくなるんだね。

新・ミナミの帝王見ましたか?

Posted By on 2014年3月15日

竹内力主演のミナミの帝王がずっと好きで見てましたが、
ここのところ千原ジュニアが萬田銀次郎を演じる新・ミナミの帝王を見てます。

竹内力を見慣れてるせいか、なんか凄みが足りないかな?
って思ったりしますが、でも、ミナミの帝王自体が面白いので、見てて楽しいです。

次は、どうなるのか?
おやつ食べたりしながら、テレビ見てます。

なぜか、法律に詳しい女子高生が登場するのですが、
女子高生なのでスイーツ大好きで、パフェを食べてたりするので、私もパフェ食べたいな~と思ったりします。

テレビに影響されすぎかも知れませんが、パフェ専門カフェがあると聞いてたので今度行ってみようかなって思いました。

チョコレートアイスたっぷりにバナナをのせたり色々トッピングしたチョコレート系のパフェを食べる予定です。

このごろ布団に入ってくる子供

Posted By on 2014年3月10日

小学校に入学してからは、僕は一人で寝られるよ、と言い張って、
ずっと一人でベッドに入っていた息子。

でも、ここのところ「怖い夢を見るの。」とか「寒い。」とか言い訳しながら、
親の布団に入ってくる。

7歳としては中々体格のいい息子。背もクラスで一番高い。
この子といっしょに布団で寝るとなると…重い、苦しい。

つまりは寝不足になるわけですが。

でも、あと何年かしたらそんなかわいい言い訳して一緒に寝てくれることもなくなるわけですし。
一緒にお風呂も入ってくれなくなくなっちゃうわけですし。

彼の寝相の悪さには閉口するけれど、それでもやっぱり一緒に寝て、と頼まれるのは悪い気がしないのです。
そう言えば、自分は何歳まで親と寝ていたのだろうか、思い出せません。

それに、欧州やアメリカでは赤ちゃんの頃から一人でベッドで眠るんですよね。
そう思うと、なんか、勿体無い気がして。
寝苦しくても、重くても寝不足でも、もうしばらく一緒に寝たいと思うのです。

なぜ遠慮されるのか…ダイエットの効果ちゃんと出てました

Posted By on 2014年2月28日

昨年、たるみきった身体に鞭打ってダイエットをはじめ、
1年で元通りの身体をとりもどすことができました。

新年度になり、子どもの学校で今年も同じクラスになったお母さんに声をかけられまして一言。

「痩せた?昨年秋頃から急にどんどん細くなってって、なんか心配だったんだけど声かけられなかったんだよ」
…何故に(笑)他の方からも言われたんですが、
ダイエット中にどんどん細くなっていったの、やっぱり気付いている方いたみたいなんです。

で、病気かなにかと勘違いされ、声をかけられるのがだいぶ後になっていたと…なぜ遠慮されるんですかね。
ダイエットしそうに見えないんでしょうか、私。

ダイエットといっても、その前にストレスや不安で過食になり急に太ってしまったので元に戻しただけなんです。
だから今は正常値、病気ではありませんよと毎回説明するのも面倒です。

まあ、あまり短期間で太ったり痩せたりするのはよくはないですよね。
せっかく元に戻せた身体を今度はリバウンドしないよう維持に努めたいと思います。

子どもの夜食に天然酵母パンを買いだめ

Posted By on 2014年2月14日

ようやく成長期が訪れたのか、うちの子どもが夕食をしっかり食べたにも関わらず、
夜お腹がすいたと訴えるようになりました。

がっつりした夜食を用意するのは大変だし、カップラーメンや袋菓子は極力食べさせたくないので、
日持ちがしかつ手軽に食べられる天然酵母パンを買いだめすることにしました。

天然酵母パンは賞味期限が2ヶ月ぐらいあるんですよね。
最初うさんくさく感じましたが、長持ちするにはきちんと理由があることが分かりました。

天然酵母の働きでカビが発生しにくく、水分活性値が低かったり
同包のアルコール製剤がカビ抑制になっているなど、日持ちさせる様々な工夫ゆえとのことです。

子どもの夜食にはもってこいですが、あくまでもパンなのでカロリーは高く、
私がうっかりつまみ食いしてしまわないように気をつけないといけないのがつらいです(笑)

勉強したい人に配るチケット

Posted By on 2014年2月7日

塾の費用が高くて、痛いです。

子供は熱心に通ってくれているので、何の不満もありませんが、
費用が高いのには、方法を考えないといけないようです。

政府が、塾の補助金を出してくれないかと思います。
勉強したい人に、勉強させてくれる環境がほしいです。
学校でもできることは間違いありませんが、もっともっとしたい人にはチケットを配ってほしいです。

以前、そのようなことも、けんとうされたことがあったように思い出されます。
あっという間に、自分でいろいろ考えることができる年齢に成長してきました。
ありがたいことです。

小さい小さいと思っていたのに、大きくなってしまったのには、時間の流れの大人時間と子供時間の違いさえ感じます。

寝る前にオロナインを塗る

Posted By on 2014年1月31日

巷でジワジワと浸透している『オロナインパック(毛穴パックをする前にオロナインを鼻に塗り、15分ほど待って洗い流す)』ですが、
自分も試してみたところ、中々効果が発揮されました。

しかし、例えオロナインが肌とパックの間でクッション代わりになっていてくれたとしても、
毛穴パックはその場しのぎのものであり、ますます毛穴を広げてしまう恐れもあります。

そこで、私は「寝る前にオロナインを塗って、朝起きたときに洗い流す」という方法を取ってみました。

初めてまだ一日目ですが、あの独特の香りが鼻について、
そわそわして寝つきが悪かったです(何せ鼻に塗っているわけですから)。

しかし朝目覚めたときに水でパシャパシャ洗い流すと、毛穴がキレイに引き締まっていたのです。

早速、今晩も試してみたいと思います。

息子が野球クラブに入部

Posted By on 2014年1月25日

息子が小学校の野球クラブに入部し、とっても張り切っています。

私は野球なんてルールもろくに知らないし、大丈夫かな・・・と不安がいっぱいです。

もともと野球をやっていた仲のいい友達に誘われたらしく、今のところは楽しそうに練習していますが
あまり根性のない性格の息子なので「野球やめる!」と言い出さないか心配です。

練習も見に行ったことがあるのですが、今までろくにキャッチボールもやったことのない息子は
ボールをキャッチするより拾いに行く時間の方が多いという状態です。

監督は「大丈夫、みんな最初はそうですよ」と言ってくれますが、当分は練習を見ていても
ハラハラ・ドキドキするんじゃないかと思います。

でも楽しそうにする息子を見ると「親だもの、応援しなきゃ」と思います。
頑張れ息子!